• «
  • 2017'04:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAT-TUN新曲&ドラマ

知っている人がほとんどだと思いますが、KAT-TUNのnewシングル
「TO THE LIMIT」が6月27日に発売決定しました!
01 TO THE LIMIT
02 WALKING IN THE LIGHT
03 WALKING IN THE LIGHT(オリジナル・カラオケ)
[DVD]
TO THE LIMIT(ビデオ・クリップ+メイキング)
それだけでなく、
7月から
毎週金曜に上田出演 ボーイズ・オン・ザ・ラン 23:15 - 24:15 (テレビ朝日系)
毎週土曜に中丸主演 主に泣いてます 23:10 - 23:55 (フジテレビ系)
が放送決定しました!
6月の10日、17日に早海さんと呼ばれる日のスペシャルが放送されます。
明細は、また後日更新したいと思います。多分中丸主演のドラマの主題歌はKAT-TUNかな?

スポンサーサイト

リーガルハイ

今回も予告だけ
古美門研介(堺雅人)、黛真知子(新垣結衣)、服部(里見浩太朗)がテレビを見ていると、芥川賞受賞作家の神林彬(鈴木一真)と、フリーキャスターの岡崎安奈(青山倫子)が出演しているトーク番組が流れる。2人は"理想の夫婦ランキング"で1位を獲得するほどの"おしどり夫婦"として有名。黛も、お互い自立し、尊重し合い、支え合っている理想の夫婦だと語るが、古美門は結婚に理想など無いとつれない。
いつも通りの古美門と黛の口論が盛り上がる中、1本の電話がかかってくる。タイムリーに離婚調停の相談だったが、依頼者はなんと神林。事務所を訪ねて来た神林は、ガラス製の置物で殴られたという左手の傷を見せながら、安奈との結婚生活は既に破綻しているので別れたいと切り出す。
一方、安奈も離婚調停の相談をしていた。彼女が相談を持ちかけたのは三木長一郎(生瀬勝久)。安奈の主張は、当然のことながら神林が古美門に打ち明けた内容とはまるで逆。安奈は神林の女遊びやDVに絶えきれず離婚をしたいと三木に訴える。
痴話ゲンカの仲裁に興味はないと、依頼を受けることに消極的な古美門だが、服部に諭されて神林の弁護を決心する。ところが、安奈を弁護するために三木が用意した主任弁護士、圭子シュナイダー(鈴木京香)は古美門の謎に満ちた過去に関係のある最悪な人物だった。
今日の8時からBSでKAT-TUNLiveの模様が放送されるそうです。
おまけ

J-PERF KAT-TUN - LOCK ON -Feb.2012- ~ (720p). 投稿者 naspicas

リーガルハイ

さて次回予告だけ
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、収賄罪で実刑2年5カ月の有罪判決を受けた大物政治家・富樫逸雄(江守徹)から弁護の依頼を受ける。これまで富樫の窮地を何度も救ってきた彼自慢の国内最強弁護士軍団をして、控訴して確実に勝つ自信がないという難しい案件だ。高い報酬を得ることが出来れば仕事を選ばない古美門も即答できず、考える時間が欲しいと答える。
正義感が強く、政治家に良い印象を持っていない黛の反対をよそに、古美門は富樫弁護に向けた検討に入る。富樫の収賄事件は、過去に購入したビルの代金が出所不明ということに端を発していた。検察は企業からの不正献金だと富樫の周辺を捜索し、徹底的に差し押さえを行ったが、金庫番の秘書・浅井信司(藤井宏之)の自殺で事件は迷宮入りと目されていた。しかし、浅井の部屋から献金を示すメモが発見されたことから、観念した秘書たちが次々と口を割り、富樫は有罪に追い込まれていた。
黛は決定的な物証があり、有罪判決を覆すことは難しいと進言するが、古美門は過去に何度も富樫を有罪にしようとして出来なかった検察が、今回に限って簡単に証拠と証言をつかめたことに違和感を抱く。思い立ったらすぐに行動に移す古美門は、特捜部のエース・辰巳史郎(津田寛治)を訪ねる・・・。
そしておまけ







今話題の…
[Cutie★Station]あいにゃんこだわりのフルウィッグれじーな

あいにゃんPDのウィッグだよ!






リーガルハイ

裁判って案外しょうもないことでも裁判になるんですね・・・
次回予告だけ
昼寝中の古美門研介(堺雅人)に、黛真知子(新垣結衣)が持ち込んだのは、日照権を巡る訴訟。近くに建設中の高層マンションのために、自宅が日陰になるという主婦、桑田久美子(村井美樹)の訴えだ。相変わらず、黛が持ち込む案件に興味を示さない古美門。そんな時、久美子から町内会で弁護士を立てることになったと黛に断りの連
翌日、黛が事務所に行くと、金になる仕事が入ったと古美門に連れ出される。向かった先は、建設会社。黛には聞き覚えのある会社名。それは、久美子が訴えようとしていた建設会社だった。会社の依頼は、まさしく久美子の町内会から訴えられた工事差し止め請求。町内会が選んだ弁護士が、この手の訴訟のプロで企業から多額の賠償金を勝ち取ることで有名な大貫善三(大和田伸也)だった。そのため、多少の費用はかかっても連勝中の古美門に声がかかったのだ。
黛は久美子の話に親身になっていたため、依頼を引き受ける古美門に文句たらたら。一方、会社側から示談での解決を求められた古美門は、黛を引き連れて住民説明会へ赴く。早速、住民代表の大貫とぶつかり合う古美門。裁判で決着をつけようと言う大貫に、古美門はクライアント無視で応じてしまう。
ところが、翌日すぐに大貫が古美門を訪ねてきて示談に応じると言い出す。信じられない黛。大貫の示談金、一世帯当たり500万円の提示に、古美門は5千円で応酬。古美門と大貫。大物弁護士の示談対決は本番に入る。
そしておまけ

シューイチ.KAT-TUN特集

今日のシューイチはKAT-TUNライブの特集でしたね。
YouTubeに載ってたんで載せたいと思います。
New «∥Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。